Wednesday, January 03, 2007

切り札:Un Dernier Atout


« Ah ! C’est pas possible ! As-tu bien battu les cartes, ma chérie ? »
« Mais oui, allez, jettes en une ! »
«C’est pas terrible...si je jette celle-là, tu vas gagner... »
«Mais non..allez, tais-toi un peu et jettes en une! »
« T’es sûre d’avoir bien battu ? En tout cas c’est pas génial, ton jeu japonais... »
« Arrête de râler et dépêche-toi ! »
« Je voulais jouer plutôt au poker... Toi aussi, t’aimes bien le poker, n’est-ce pas ? »
« Oui, mais pas aujourd’hui ! »
« Il faut vraiment en jeter une ? C’est pas rigolo car tu as un dernier atout en main, je le sais. »
«N’importe quoi... En tout cas c’est ton tour ! Jettes en une !»
« Mon oeil ! Tu dois l’avoir... »
« Ca suffit maintenant ! »
« Avoue que te l’as, ma chérie. »
« Si tu continues comme ça... »
« Oui ? »
« J’arrête et je m’en vais au Japon ! »
« Voilà ! C’est ça, ton dernier atout ! »
« ... »

「あぁ!信じられないよ!カードをよく切ったかい、マ・シェリ?」
「もちろんよ、ほら、一枚捨てて!」
「ひどい手だなぁ…もしこれを捨てたら君の勝ちだし…」
「そんなことないって、ほら、ちょっとは黙って一枚捨てて!」
「本当によく切った?とにかく君の日本のゲームはつまらないなぁ…」
「文句ばっかり言っていないで、急ぎなさいよ!」
「ポーカーがやりたかったんだよなぁ。君だってポーカー好きじゃない?」
「好きだけど、今日は違うの!」
「本当に一枚捨てなきゃだめなの?面白くないよ、だって君が切り札を持っているんだもん。わかっているんだぞ。」
「目茶苦茶なこと言わないでよ…とにかく、あなたの番!一枚捨てて!」
「信じないぞ。持っているだろう。」
「いい加減にしてよ!」
「持っていると白状しなさい、マ・シェリ。」
「もしその態度を続けるなら…」
「うん?」
「もうやめる、それで日本へ行っちゃうからね!」
「ほぉら出た!君の切り札!」
「・・・」

d Cadre, 37x47cm

9 comments:

Anonymous said...

面白い花札でんな。これは確かmamaのお気にいりの帯よね。地味派手な柄が何とも言えない。切り札は出し過ぎると効果無いですよ。         mama

Anonymous said...

「日本へ帰っちゃうからね!」の切り札に
しかと応戦する切り札持ってるじゃん!ねぇ。
あの人は… 
『美味しい手料理』     ぢゅんこ

Anonymous said...

新しい年も早一週間になります。
そちらのお正月はどんなのかしら?
先日は素敵なカードを頂き、ありがとうございます。
今年も頑張って、いい作品を作って下さいね。
真美ちゃんの発想には、いつも感心しています。
今年もまた帰ってきてくださいね。
                 ユキ
    

Anonymous said...

あ~こんな綺麗なカードで花札をして遊びたい...そうそう今年は猪年。猪鹿蝶 どうですか? 

Mami said...

mama,
切り札は出し過ぎると効果ないというの、肝に銘じておきましょう。今の所は効果抜群なんだけどね、ははは。

ぢゅんこちゃん、
そ~なのよ、よくご存知で。
美味しい手料理を作り、私が大満足で嬉しそうに食べていると「これであと一週間は居てくれる?」

ユキさま、
こちらのお正月は、年越しだけわ~いと祝っておしまい。なんともつまらないお正月でした。
2007年も元気に楽しくがんばります。また見に来て下さいね。

富士子ちゃん、
何を隠そう、最初は亥年にちなんで猪鹿蝶の3枚をと考えたのですが、この帯を発見してしまい予定を変更したのでありやす。
富士子邸の暖炉の前で、辛口の日本酒をちびちびやりながら花札なんていいなぁ。

Vincent said...

On dirait vraiment une histoire vécue... c'est le cas ?

Anonymous said...

面白い会話ですね。まるで夫婦小咄みたい。アートは柄が効いていて粋なかんじ。

小雪 said...

コメントありがとうございます♪

やっぱり嬉しいですね。

凸☆ヾ( ̄▽ ̄*)えいっ

Mami said...

Vincent,
Est-ce que tu vas bien? J'espere que la nouvelle vie à Paris est agréable! Gros bisous à Laure.

Par contre, oui, oui, tu as une bonne imagination.

匿名さんへ
えぇ、うちは毎日がこんなかんじ。夫婦漫才で笑って終わる日もあれば、小競り合いに発展して険悪に終わる日もあり(笑)

小雪さん、
ほんと、ほんと、コメントもらうと嬉しいよね。今後共よろしゅうお願いしましゅ。